トップ  >  ラテン音楽事業

 ☆ロス・カルカス ジャパンツアー2014 終了しました。

2014年は、日本−ボリビア国交樹立100周年。また、カルカスが初来日をしてから30周年となります。
3年ぶりの来日公演にどうぞご期待下さい。

スケジュール&入場料金

  • 6/4 (水)   13:30開演    和光大学ポプリホール鶴川
    前売¥4,500(当日¥500up)
  • 6/7 (土)  15:00開演    ティアラこうとう・大ホール
    ¥5,800
  • 6/8 (日) 14:00開演    南足柄文化会館                   
    前売¥4,000(当日¥500up)
  • 6/11(水)  19:00開演    帯広市民文化ホール
    <一般前売>¥4,500(当日¥500up) <小中高生>¥1,000
  • 6/12(木) 14:00/18:30  札幌コンサートホールKitara大ホール
    SS¥5,500 S¥4,500 A¥3,000
  • 6/13(金) 18:30開演    立川市民会館・RISURUホール
    ¥5,800
  • 6/14(土) 18:00開演    浜松福祉交流センター
    S¥5,000 A¥4,000 B¥3,500 (当日¥500up)
  • 6/15(日) 15:00開演     日本教育会館一ツ橋ホール
    「踊れる席」「座って聴く席」各¥6,000
  • 6/17(火) 19:00開演     伊丹アイフォニックホール
    <一般>前売¥3,500 <学生>前売¥2,500(当日各¥500up)
  •    

 

2014年 カルカス公演情報

エッセイ募集
 募集は締め切りました

 

「ロス・カルカス ジャパンツアー2014」来日公演案内ホームページ
「ロス・カルカス ジャパンツアー2014」来日公演案内ホームページ

KJARKASが日本に帰って来た!!誠君からのメッセージ
 ロス・カルカス ジャパ
ンツアー2014公式ブログ

 ☆キューバ音楽のルーツ「グアヒーラ」と「ソン」  終了しました

出演:ソリー&パンチョ・アマート・イ・ス・カビルド・デル・ソン

グアヒーラのホープ“ソリー”は、幅広いレパートリーと情熱的な歌唱で多くの人々を魅了しています。今後のキューバのポピュラー音楽界を担う逸材と期待されています。そしてパンチョ・アマートも元気に活躍中で、グループを率いて国内・海外と精力的に演奏活動をしています。ソン、グアヒーラ、ボレロなど、キューバ音楽の素晴らしさを堪能していただけるメンバーです。

◎7月12日(金) 18:00開場・18:30開演 東京・中野ZERO 小ホール

[入場料]全席指定5,500円   *チケット前売り発売中! 

◎7月13日(土) 14:30開場・15:00開演 兵庫・伊丹アイフォニックホール

[入場料] <一般>前売 3,500円/当日 4,000円
<学生>前売 2,500円/当日 3,000円
*4月5日前売り開始

◎7月14日(日)18:30開場・19:00開演 福岡・ティエンポ・ホール
[入場料]Standing 3,000円/Seat 3,500円+1drink 500円

この公演は「日本ラテンアメリカ文化交流協会」会員特典(会員ご本人様を年1回無料ご招待、またはチケットを割引販売)の対象となります。会員の方は、必ず「日本ラテンアメリカ文化交流協会」へお申し込みください。
<チケットお申込み先> アミーゴ株式会社 TEL 0422-59-0833 E-MAIL amigo@hola-amigos.co.jp

ソライマ・ペレス・コロミーナス パンチョ・アマート・イ・ス・カビルド・デル・ソン

 

☆ボサノバとボレロの名曲をあなたに  終了しました

〜鈴木夕美子セカンドアルバム「La Puerta 扉」発売記念コンサート

  

出演:鈴木夕美子&綱木幹夫&ジロー

日程:5月30日(木)18:00開場・19:00開演 

会場:東京・南青山≪曼荼羅≫ www.mandala.gr.jp/ 東京メトロ銀座線「外苑前」下車、徒歩5分
ミュージック・チャージ:4,200円(1ドリンク付き) 

ボリビア在住のラテン歌手、鈴木夕美子は、2011年8月にファースト・アルバム「VOY A APAGAR LA LUZ」を発売。ラテン、ボサノバの名曲から13曲を収録。その後3回のライブを東京都内で開催し、好評を博しました。

今回のコンサートはセカンド・アルバム発売記念。これまでに共演したアーティスト、“幻のレキント奏者”綱木幹夫と、ラテン・ギターの名手ジロー、そしてアルバムでも素敵なアルパを演奏してくれたエンリケ・カレーラが出演。素敵な一夜となりました。

ブログ http://suzuki-yumiko.jugem.jp/

VOY A APAGAR LA LUZ

 

「ロス・カルカス ジャパン・ツアー2011 2011.5.31〜6.19」  終了しました

ロス・カルカス ジャパン・ツアー2011 2011.5.31〜6.19


*ゴンサロ・エルモッサは、来日しませんのでご了承ください。

 かつて80年代後半に来日したボリビア・フォルクローレの最高峰グループ「ロス・カルカス」は、日本のフォルクローレ・フアンに熱狂的に迎えられ、日本にフォルクローレ・ブームを巻き起こしました。一方、世界的ヒットとなった「ランバダ」のオリジナル曲を作曲していたこともあって世界中から注目を浴びました。しかし残念ながらグループの中核的存在のウリーセス・エルモッサが亡くなってしまい一時活動は停滞しました。その後メンバーを一新し、ゴンサロ・エルモッサを中心に新たな出発をしました。現在もボリビア、ペルー、エクアドル、アルゼンチンといったアンデスのフォルクローレ・グループの中でトップの地位に君臨しています。
2009年、新星「ロス・カルカス」の久々の来日は、爆発的に新たなフアンを獲得し、揺るがぬ人気を確立しました。再来日を望む多くのフアンの声にお応えして、更に円熟味を増した情熱の「ロス・カルカス」が日本に再上陸します。そして2011年は「ロス・カルカス」結成40周年を迎えます

 

コンサート企画・制作・マネージメント

「ロス・カルカス」ジャパン・ツアー2011


★ボリビア「ロス・カルカス」2011.5/31〜6/19

2009年6月、18年ぶりの来日公演を果たした“ロス・カルカス”待ちわびていたファンによって、各公演は次々と完売。
多くの観客を動員しロス・カルカスの人気を改めて思い知ることとなりました。
2011年の今回は結成40周年の記念来日ツアーとなります。さらに多くの方々のご来場を期待しています。

  • 5/31(火) 佐久市コスモホール 佐久コンサート協会事務局 0267-66-3922
  • 6/4(土) 浜松福祉文化会館 浜松ボリビア音楽研究会 090-4189-1593
  • 6/5(日) アミューたちかわ大ホール 東京労音府中センター 042-334-8471
  • 6/9(木) 浅草公会堂 東京労音 03-3204-9933
  • 6/11(土) 横浜・関内ホール大ホール 東京労音府中センター 042-334-8471
  • 6/12(日) 松田町民文化センターホール わの会 0465-83-2406
  • 6/15(水) 帯広市民文化ホール 帯広音艦 0155-23-9480
  • 6/17(金) 名古屋能楽堂 PUKIO 052-211-5351
  • 6/18(土) 神戸・垂水勤労市民センター・レバンテ・ホール 伽藍堂 078-992-5458
  • 6/19(日) 大阪・さつきホールもりぐち コチャバンバ 03-6206-9714

 
大きい画像はこちらです。

 

★「心ひとつに!日本」フォルクローレ・チャリティーコンサート 2011年5月5日終了

東日本大震災被災地支援のためのチャリティー・コンサートは、たっぷり3時間。プロやアマチュア・グループの繰り広げる演奏・歌・踊りがぎっしり詰まった、充実した内容となりました。15グループ・44名の出演者、100名以上のお客様、そして運営に関わったスタッフ全員も参加費を払い、バザーの売上や会場での募金はあわせて25万円。支援金として“コスキン・エン・ハポン”の開催地である福島県・川俣町(*町の半分が福島原発から半径30Km圏内に含まれる)に送らせて頂きました。

「心ひとつに!日本」フォルクローレ・チャリティーコンサート 「心ひとつに!日本」フォルクローレ・チャリティーコンサート 寄付金

 

「カルカス・コンクール・コーナー」でオーディエンス賞を獲得したグループは<ロス・カルルナス>
6月5日(日)に立川市・市民会館で開催された「カルカス結成40周年記念ジャパン・ツアー」のステージで、熱い演奏をして頂きました。

6月5日(日)に立川市・市民会館で開催された「カルカス結成40周年記念ジャパン・ツアー」のステージで、熱い演奏をして頂きました

 

★ボリヴィア・ネオ・フォルクローレの草分け「ワラ」 (2010.7.19〜21) <終了>

 ボリヴィア・ネオ・フォルクローレの草分け「ワラ」
あの「エンクエントロス〜出会い」の“ WARA”が、念願の初来日!
 

★パラグアイの2大アルピスタ 華麗なる競演 (2010.10.18〜23) <終了>

パラグアイの2大アルピスタ 華麗なる競演

 

ラテンアメリカ諸国のアーティストの招聘業務

 

ホテル、レストラン、ライブ・ハウス、テーマパーク等へのアーティスト提供

松山全日空ホテル トリオ・ロス・セレクトス(2011.315.31)

トリオ・ロス・セレクトス

○シェラトン・グランデ・トーキョ−ベイ・ホテル 
○松山全日空ホテル 
○ホテル・イースト21 
○ロス・ボラチョス 他

国内外のラテン・アーティストの紹介・マネージメント

パラグアイ・アルパ : マルセロ・ロハス、セルソ・ドゥアルテ、シクスト・コルバラン
増永雅子、神山里映子、松木亜里沙・エンリケ・カレーラ「ソンリーサ」、坂本鈴
ベネズエラ・アルパ : 吉澤陽子
フォルクローレ : 「ロス・トレス・アミ−ゴス」ルイス・カルロス・セベリッチ、ルイス・サルト−ル、リッキー・ロドリゲス
「MAYA」/ 小林智詠 / ペルー民族音楽 :「ミスティ」「ペーニャ・ハラナ」小畑みゆき
メキシコ : 「ロス・エルマーノス」大野春樹、ジロー/マルガリータ、キミータ/「トリオ・ロス・エルマーノス」大野春樹、本間一明、ジロー 
「マリアッチ・アガベ」/アレハンドロ・パラシオス「サボテン・ブラザース」
キューバ : 「パンチョ・アマート・イ・ス・カビルド・デル・ソン」/「トリオ・ソル・クーバ」/ 「ドス・ソーネス・デ・コラソーネス」佐々木誠・江田勇
ダンサ :  ボリビア :セノビア・ママニ /アルゼンチン : 「¡エパ!」、「ダンサ・エレンシア」/ドミニカ :「サングレ・ムラータ」 /ラテン・キッズ・ダンス : 「チャチャチータス」
メキシコ民族舞踊 : 「コラソン・デ・メヒコ」、「パロミータス」、「新宿メキシカンダンス」、「メヒコ・エン・ラ・ピエル」
ラテン : ランチェラ・タンゴ・ファド : 峰万里恵、高場将美 / ブラジル : 「ソノローザ」井上みつる・ジュリア
ラテン・ギタリスト : 山田恵範 / ラテンを歌おう会 : ジロー、岸本澄子、みゆき、松本マリア

CD企画・制作、CDレーベル(Disco Amigo)、CDデザイン

 

HOME
>> アミーゴ・ラテンショップ